スーパーの仕事内容を紹介!スーパーの副社長が教えます【社員・アルバイト】

ファインズたけだの店内風景

 

私たちの身近にあるお店「スーパーマーケット

 

身近である故に、

主婦や学生のアルバイト・パートタイマーに候補が上がることが多いかと思います

 

今回はスーパーの副社長が『スーパーの仕事内容』について記事を書いていきます

 

記事の後半では

スーパーで働くと得られる3つの良いことについて書いてあります

 

これからスーパーで働く予定のある方や

スーパーで働くことに少しでも興味がある方は

ぜひこの記事を参考にしてください

 

副社長

スーパー勤務歴8年!

アルバイトも含めると8年以上ですが

私、ファインズたけだの副社長が

スーパーのお仕事内容について教えていきますわよ!

スポンサーリンク

以下、目次です

 

  • スーパーマーケットの部門紹介
  • 部門ごとの仕事内容
  • スーパーの仕事で得られる3つの良いこと
  • 最後に

スーパーマーケットの部門紹介

スーパーマーケットは大きく5つの部門で構成されます

 

野菜や果物を取り扱う『青果

牛・豚・鶏などの畜産物を取り扱う『精肉(畜産)

魚介類を取り扱う『鮮魚(水産)

お惣菜やお弁当を製造・販売する『惣菜(デリカ)

加工食品の取り扱いやレジを担当する『食品(グロサリー)

 

以上の5部問です

ひと部門ずつ詳しく見ていきましょう

スーパーマーケットがしている工夫について書いた記事はコチラ

 

青果部門

スーパーの青果売り場 商品を使って店内売り場を彩ります

 

主に青果物(野菜や果物)を仕入れ、加工・販売する部門です

 

季節ごとに旬の商品を入れ替えたりするのが特徴で

来店されたお客様に季節感を感じてもらったり

果物や野菜の色味で売り場を彩ることが必要になってくる部門です

 

精肉(畜産)部門

ファインズたけだの鶏肉コーナー 「ありたどり」を中心に展開しています

 

主に牛・豚・鶏などの畜産物を仕入れ、加工・販売する部門です

 

現代の食卓のメインディッシュを担う部門であり

売り上げ・利益が大きく見込める部門になります

 

基本、年中取り扱うお肉は変わらないのですが

季節によって売り場の拡販や縮小をしていくのが特徴です

 

例えば冬になると

焼肉用お肉の売り場を縮小し、鍋物商材を拡販していったりなどです

 

鮮魚(水産)部門

多くの魚種が揃うことで有名なファインズたけだ

 

主に鮮魚や貝・海藻類、干物などの鮮魚加工品を仕入れ・販売する部門です

 

肉食文化が進み、消費量は年々減少傾向にありますが

家庭で調理がいらない刺身は多く売れる傾向にあります

 

季節ごとに旬の魚が入れ替わるため

食卓を彩るのに欠かせません

 

市場では様々な魚があり、

仕入れ担当者によって大きく売り場が変わってきます

 

惣菜(デリカ)部門

ファインズたけだは手作り惣菜を中心に展開しています

 

肉や魚などの様々な食材を調理し、お惣菜やお弁当を販売する部門です

 

スーパーの部門の中で食材を加工する手間が一番かかる部門なので

他のスーパーと差別化しやすい部門になります

 

使用する食材や調味料が多いので

管理するのが大変ですが、

調理が好きな方にとってはとても楽しい部門です

 

食品(グロサリー)部門

食品部はスーパーの中で取り扱う商品が最も多い部門です

 

生鮮食品以外の加工食品やノンフーズ(雑貨)を仕入れ・販売する部門です

 

すでに紹介した4部門との一番の違いは

食品を加工しないことです

 

仕入れた商品を棚割りごとに陳列したり

季節ごとの売り場づくりをします

 

レジと兼任することが多い部門になります

 

副社長

様々な部門によって運営されているスーパーマーケット

それぞれの部門の仕事内容について

詳しくみていきましょう!

ファインズたけだのタイムサービス情報はコチラ

部門ごとの仕事内容

紹介した5部問の詳しい仕事内容を紹介していきます

 

これからスーパーでアルバイトをしようと考えている方や

スーパーでの仕事に興味がある方は必見です

 

青果部門の仕事内容

青果部のバックヤード トレイなどの資材が多いのが特徴です

 

野菜や果物のパック詰め、店内への商品出しが主な仕事になります

 

他の生鮮部門との違いは

包丁などの刃物を使用する機会が少ないのが特徴です

 

カット野菜やカットフルーツを製造するときは包丁を使用するので例外ですが、

野菜や果物ををポリ袋やトレイに詰めて店頭に陳列することが多いです

 

野菜や果物の荷物が重く、ケースの数も多くなることがあるので

膝や腰を痛めないように注意する必要があります

 

特に正社員は上記の業務に加えて

商品の発注や在庫管理をすることがあります

 

店内入ってすぐに青果コーナーを設けているスーパーが多いこともあって

入り口付近に旬のものを並べたり

青果物特有の色を使って売り場を彩ることも重要になってきます

 

副社長

青果部門を経験した時のことを思い出すと…

『売り場づくり』が非常に楽しかったです!

主に野菜を大量に陳列して

「魅せる」売り場を作ることを心がけていました〜

精肉(畜産)部門の仕事内容

牛肉や豚肉を整形するときに使用する「スライサー」

 

牛・豚・鶏肉などを加工し、その後にトレイに詰め商品を店頭に並べるのが主な仕事になります

 

お肉を加工するのに包丁を使うのですが、

他の部門と違うところは「スライサー」を使ってお肉を切るところです

 

スライサーを使えばお肉を一定の厚みでスライスすることができ

お肉をトレイにきれいに切り並べることができます

 

多少技術も必要になってきますが

取り扱うお肉の種類が限られているので

慣れてくるときれいにお肉を加工できるようになります

 

相場があるので一概には言えないですが、

豚肉や鶏肉に比べ牛肉は仕入れ値が高いため

できるだけ無駄がないように整形する技術が求められます

 

副社長

お肉といえば「部位」

部位ごとに違う味わいがあるので、

担当者であれば部位ごとの違いを

応えられるようにしておくことも

必要かもしれませんねぇ〜

鮮魚(水産)部門の仕事内容

ファインズたけだのYouTubeチャンネルで鮮魚部の裏側を公開!

 

お魚を捌いたり、貝類・海藻類をパックに詰めて売り場に並べていくのが主な仕事になります

 

お魚ごとに捌き方が違うので

スーパーの中では一番技術が求められる部門になります

 

生で食べることができる「刺身」を提供することもあり

鮮度管理は徹底しておく必要があります

 

日本では肉食文化が進み

魚離れが甚だしい昨今、

家庭でも美味しく、もっと言えばオシャレな魚料理を提案していくことを求められる部門です

 

正社員は商品の管理に加え

市場へ出向いたり、ある程度の魚の捌き方を把握しておく必要があります

 

副社長

食べるのには困らない時代です…

健康志向が強い方も多くいらっしゃるので

他のどの食材よりも栄養素が高い「お魚」を今一度

アピールして売り上げアップにつなげていきたいものです!

惣菜(デリカ)部門の仕事内容

惣菜部門の商品開発を手がけ、YouTubeで発信するファインズたけだ

 

お肉やお魚、野菜など様々な食材を使って調理し、

お惣菜やお弁当として売り場で販売する仕事になります

 

調理はフライヤーを使用した揚げ物から

ガスコンロを使用した炒め物や煮物など

作業内容をはじめ、使用する食材の幅が広いのが惣菜部門の特徴です

 

 

手作りのお惣菜を作ることは

他の生鮮部門よりも付加価値をつけやすいため

大きな利益獲得が見込めます

 

ただし、商品の賞味期限が当日から翌日を目安に

店頭に並べることになるので

その日にどれだけ売れるのかしっかりと見極める必要があります

 

最近はすでに調理・パック詰されている商品を

業者から仕入れて店頭に並べるだけといった

アウトパック商品」を取り入れてるお店も多いです

 

 

副社長

私が主に担当している「惣菜部門」です!

ファインズたけだでは

手作りお惣菜をメインに商品を提供しています

昔懐かしい「おふくろの味」を楽しむことができるので

ぜひご賞味ください!

食品(グロサリー)部門の仕事内容

スーパーのバックヤード
スーパーのバックヤード 食品部が取り扱う商品がずらりと並んでいます

 

主に加工食品を中心とした商品(調味料や日配品、飲料など)を仕入れ

棚割りごとに陳列したり、レジ業務を兼任する仕事になります

 

生鮮部門と違い仕入れた食品を加工することはありません

 

取り扱う商品が一番多い部門になります

また、店内に出て商品の陳列やテープカットなどの作業する業務になるので

商品の場所や用途などお客様から尋ねられたりすることが多いです

 

そのため商品のある場所や食品の使用用途を把握しておく必要があります

 

レジ業務を兼任することが多いので

お客様との接点が多く接客力が求められる部門になります

 

近年は薄利多売の傾向にあり

食品部門では利益が取りにくいので集客部門として

目玉商品を激安で販売する手法が取られています

 

副社長

以前勤めていた会社(スーパー)では

3ヶ月だけ担当していたことがありました…

お店に大量に届く商品をいかに早く店頭に並べるか

同僚と競ったものですなぁ〜

スポンサーリンク

スーパーの仕事で得られる3つの良いこと

店内で楽しそうに歌っている副社長と従業員

 

各部門のスーパーでの仕事を紹介してきました

 

ここからは

スーパーで働くと得られるメリットを3つ紹介していきます

 

スーパーで働こうと思っている方にはぜひ参考にしていただきたいです

 

見ていきましょう!

 

スーパーでスイーツを購入するメリットについて書いた記事はコチラ

良いこと①:新しく発売される商品をいち早く認知できる

スーパーで働くと必然と新しい商品を目にする機会が増えます

 

スーパーに勤めていると様々な商品を目にし、手に取る機会が多くあります

 

業者の方から、まだ世に出回っていない新商品を紹介されたりすることも多々あります

 

サンプルとしていただくこともあり

新しい商品を人よりも早く試食・試飲できることが

スーパーマーケットで働くメリットのひとつです

 

スーパーでは取り扱っている商品が多い分

業者の方からいただくサンプルも多いため

様々なジャンルの新商品をいち早く試食・試飲できます

 

副社長

スーパーに勤めて思うこと…

正直、サンプルめちゃくちゃもらいます!

良いこと②:食材の知識が増える

スーパーで働くと商品知識が増えること間違いなしです

 

各部門で様々な商品を取り扱うため

食材や食品の知識を得る機会が非常に多いです

 

スーパーに勤めていると

お客様に商品の取り扱いについて尋ねられることが多いため

必然的に商品知識を学んでいきます

 

得た知識は自宅での料理など生活に取り入れることができます

 

お金も稼げて、食品の知識も学べる

一石二鳥ですね!

 

良いこと③:コミュニケーション力が向上する

仲間とコミュニケーションをとることは仕事を円滑にします

 

スーパーマーケットは一人で運営していくことはできません

 

それはスーパーの各部門でも同様です

様々な人たちと連携をとりながら業務をこなしていきます

 

スーパーの現場では

意外と声かけが頻繁に行われます

 

同僚とコミュニケーションをとりながら業務をこなしていくので

必然的にコミュニケーション力が上がります

 

業務の話の延長で

プライベートなこととか雑談をすることもあります

 

その中で生まれるコミュニケーションもあるので

どんな時でも業務中は人との会話が絶えずあります

 

 

副社長

人との会話が好きな方には

スーパーは向いている仕事だといえますねぇ!

ただし、過度な私語は厳禁!お仕事に集中しましょう〜

スポンサーリンク

 

最後に

佐賀県を代表するスーパー「ファインズたけだ」

 

スーパーでの各部門の仕事内容

そしてスーパーで働くメリットを3つ紹介してきました

 

スーパーは私たちの生活の身近にあるお店です

それゆえ地域の人々の生活を支え、社会に大きく貢献できる仕事です

 

この記事でスーパーで働こうか迷っている方の背中を

少しでも押すことができれば幸いです

 

副社長

仕事のやりがいは人それぞれですが

スーパーは人と人との会話が多く

人間味溢れる仕事です!

スーパーの仕事に

少しでも興味を持ってくれたら嬉しいですねぇ〜

この記事を書いた「副社長」についての紹介記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA